amazonギフト券買取では個人情報抜き取り詐欺が多いので注意

amazonギフト券と個人情報
amazonギフト券買取業者が個人情報を抜き取るという事案も多く発生しています。

買取の申し込みをすると、ほとんど必ず身分証明書を提示することになります。

これは個人情報を相手に伝えることです。

買取そのものには問題がなくても、その後に買ってもいない商品が届いて代金を請求されたり、オレオレ詐欺に悪用されたりすることがあります。

買取業者から情報が漏れたと分かったときには、すでにサイトごと消えているということが多く発生しています。

個人情報を取り扱う以上は、amazonギフト券買取業者もしっかりとした専門会社であることが確認できなければいけません。

ネットで見かけたサイトに適当に売るのではなく、電話連絡をして対応を良く確認し、メールに会社の情報を記載させ、ホームーページでも料金や実績などを確認しましょう。

できれば検索して、その会社の口コミ情報なども確認しましょう。

amazonギフト券買取はネットだけの取引ですので、実体のない会社が買取をしていることは多くあります。

なるべく多くの手段で、相手先の会社のことを調べて、信頼できる業者に売ることを心がけます。

また、クレジットカード情報を聞き出してくることもありますが、絶対に教えないように注意しましょう。

カード会社にクレジットカード現金化を疑われやすい人の特徴

疑われやすい
「たった1回のつもりだったのに、その1回でクレジットカード現金化のことがカード会社にバレてしまった」という人がいます。

一方、何度もクレジットカード現金化業者を利用しているのに、一度もバレたことがない人もいるのも事実です。

この違いは何によるものでしょうか。

カード会社はクレジットカード現金化について目を光らせていますが、膨大な利用者のすべてのカード使用履歴を把握するのは並大抵のことではありません。

そのため、クレジットカード現金化を利用しそうな要注意人物をあらかじめ絞り込んで、そういう人だけをチェックしているのです。

その要注意人物の特徴ですが、まずはいつもキャッシング枠を限界まで使っている人です。

キャッシング枠を限界まで使っているということは、もうこれ以上現金が引き出せない状態です。

いつもお金に困っていると思われても仕方のない状態ですから、カード会社もこういう人は警戒します。

もう一つは、クレジットカード現金化に利用されやすい換金率の高い商品をカード決済で購入していることです。

たとえば新幹線の回数券がその代表ですが、これまで一度もカードで新幹線の切符を買ったことのない人が、急に高額な回数券を大量にカード決済で購入すれば、たちどころに疑われてしまうでしょう。

クレジットカード現金化を利用する時は、以上の2点を念頭に置いて利用してください。