買取サイトで振込にかかる時間が短い時期について月末は避けるべき

振込までの時間が短いamazonギフト券買取サイトであっても、初回の利用時には手続きにある程度の時間を要するものです。

2回目以降は手続きが省ける分、振込までの時間も短縮されますが、初回はサイトの表記通りの最短時間で振り込んでもらえるとは期待しない方がよいでしょう。

それでも、少し工夫するだけで振込までの時間を早めることは可能です。

以下のやり方でamazonギフト券買取を依頼してください。

amazonギフト券買取業界では、毎月初旬が忙しくなる傾向にあります。

月の始め、たとえば1日や2日に買取依頼すると、繁忙期のため通常より振込までに時間がかかってしまうことがあります。

逆に、月の第3週になると余裕ができるようですので、その時に依頼するとスピーディーに対応してくれる可能性があります。

「今すぐにお金が欲しい」という人に「今は1日だから第3週まで待て」とは言えませんが、初めての利用で実際に振り込んでくれるのか不安という人は、スピーディーに対応してもらえる可能性の高い第3週がおすすめです。

また、amazonギフト券買取サイトの多くは、平日より土日に買取依頼した時の方が振込までの時間が短い傾向があるようです。

もちろん土日に振り込んでもらうにはネットバンクが不可欠ですので、事前に口座を開設しておいてください。

決済だけして入金しないクレジットカード現金化の詐欺業者

このタイミングを狙え
クレジットカード現金化にはリスクがあります。

カード会社の利用規約で禁止されている行為ですから、カード会社にバレると利用停止などのペナルティを受けるのは大きなダメージです。

バレないように気を付けて利用すれば現金調達に便利な方法ではありますが、さらに気を付けなければならないのが、詐欺業者の存在です。

クレジットカード現金化業者には詐欺業者が一定数存在します。

その手口はさまざまですが、最も多いのがカード決済だけして1円も振り込まないというものです。

業者の言い分を信用して指定された商品をクレジット決済で購入したところ、その対価として業者が現金を振り込んでくれるはずなのに、いつまでたっても振り込まれないということはよくあります。

業者に問い合わせても連絡が付かず、ほどなくサイトも閉鎖され泣き寝入りしたという被害は実際に多いのです。

ネットのみで店舗を持たずに運営しているクレジットカード現金化業者にはこういうリスクがあります。

詐欺業者の手口に引っかからないためには、利用前にそのサイトを隅々まで読み、業者の住所や電話番号など運営者情報がしっかり記載されていることを確認してください。

あまりに簡単に申し込みが完了する業者は詐欺である可能性が高いです。

念のため、利用前に電話でスタッフと直接話して確かめるとなお良いでしょう。

カード情報を盗み取ろうとするクレジットカード現金化業者への対策

盗んでる!
クレジットカード現金化の業界には詐欺業者が一定数いますが、なかでも怖いのがクレジットカードの情報を盗み取ろうとする業者です。

クレジットカード現金化の利用において、クレジット情報を盗まれないようにするための注意点を見ていきましょう。

クレジットカードの盤面にはカード番号と有効期限、それに契約者の名前が記載されています。

裏面にはセキュリティコードが記載されているのもご存じの通りです。

これにあとパスワードさえあれば、誰でもそのカードを自由に使えるようになります。

もしこれらの情報が詐欺業者に渡ってしまったら、カードを悪用されるのは確実です。

クレジットカード現金化は身分証明書さえあれば利用できます。

クレジットカードの表裏の画像を撮影して送るようにと言ってくる業者は、まず詐欺業者と考えて間違いないでしょう。

また、こうした詐欺業者はサイトの作りで見抜ける場合があります。

個人情報やクレジットカードの情報などを入力するサイトには、暗号化通信の技術が使われているはずです。

サイトのURLが「https」から始まるのが、その合図と考えてください。

もしそれが「http」から始まるURLであれば、暗号化をしていないということですから、外部に情報が洩れる危険性があります。

クレジットカード現金化業者を利用する時は、サイトの隅々までチェックすることを忘れないでください。